サラリーマン 自己破産

サラリーマンで安定した収入があれば

自己破産できないケースがほとんどと言わざるえません。

 

安定した給料所得のある会社員が
借金を返せなくなった場合はどうしたらよいでしょうか。

 

ここでは給与所得者等再生というのをみてみましょう。

 

個人民事再生法のケースでは
返済計画を出して、債権者から承認されれば
借金の減額ができる制度です。

 

自己破産のように職業の制限もなく免責不許可事由がありません。
また、マイホームももち続けられます。

 

しかし、金融機関のブラックリストに登録されてしまうので
5年〜7年はお金を借りることができません。

 

個人民事再生には条件があります。
安定した給料収入があり、
住宅ローン以外の債務額が5000万円以下であり、
住宅ローンと借金を返済できる見込みを
認められた場合など他にも条件があります。

 

自力でなんとかしようと精神を消耗するまえに
弁護士の門を叩くのがよいでしょう